不景気.com > 国内倒産 > 福岡の「北九州食品リサイクル協同組合」が破産決定受け倒産

福岡の「北九州食品リサイクル協同組合」が破産決定受け倒産

福岡の「北九州食品リサイクル協同組合」が破産決定受け倒産

官報によると、福岡県北九州市に本拠を置く食品リサイクルの「北九州食品リサイクル」は、8月1日付で福岡地方裁判所小倉支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

国や市の補助金により2001年に設立の同社は、豆腐の製造工程で出るおからを乾燥し飼料や食材にリサイクルする事業を手掛け、その目新しさから全国的にも高い注目を集めていました。

しかし、原料のおから不足などによる業績悪化で2004年に事業を一時休止すると、再開後の2005年にはおから乾燥機の破裂事故により再び事業停止を余儀なくされ、以後は工場の建設会社に対し訴訟を起こしていたものの、敗訴判決により債務返済が困難となり今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億円の見通しです。

北九州食品リサイクル:破産手続き申請開始 - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事