不景気.com > 国内倒産 > 健康食品販売の「健康医学社」が債権者から破産申請受ける

健康食品販売の「健康医学社」が債権者から破産申請受ける

健康食品販売の「健康医学社」が債権者から破産申請受ける

東京都港区に本拠を置く健康補助食品販売の「健康医学社」は、8月7日付で債権者により東京地方裁判所へ破産を申し立てられたことが明らかになりました。

1967年に設立の同社は、酢をはじめとする健康補助食品の製造販売を主力とするほか、医療器具の開発や健康関連書籍の販売なども手掛けていました。

しかし、所有する温泉の使用権について、高額の配当を謳い個人から多額の出資を募ると、配当の支払いに滞りが生じたことに加え、解約にも応じないとして被害者の会が発足され、このうち一部の出資者が破産申し立て今回の措置に至ったようです。

負債総額は判明していないものの、約700人から70億円余りの出資を集めた模様です。

「温泉権」に投資の出資者ら、破産申し立て | NNNニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事