不景気.com > 国内倒産 > 和歌山のゴルフ場運営「南海観光開発」が民事再生法申請へ

和歌山のゴルフ場運営「南海観光開発」が民事再生法申請へ

和歌山のゴルフ場運営「南海観光開発」が民事再生法申請へ

和歌山県和歌山市に本拠を置くゴルフ場運営の「南海観光開発」は、民事再生法申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1973年に設立の同社は、1975年に「海南高原カントリークラブ」(有田川町)をオープン。鏡石コース・生石コース・長峰コースからなる全45ホールの大規模な丘陵コースで、ダイナミックさや優雅な庭園風など多様なコースレイアウトが好評を得ていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みやゴルフブームの一巡で業績が悪化すると、預託金の返還請求が資金繰りを逼迫したため、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

朝日新聞(電子版)などによると、負債総額は約55億円の見通しです。

朝日新聞デジタル:南海観光開発が民事再生申請へ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事