不景気.com > 国内倒産 > 青森の元ホテル経営「HGH」が破産開始決定受け倒産

青森の元ホテル経営「HGH」が破産開始決定受け倒産

青森の元ホテル経営「HGH」が破産開始決定受け倒産

官報によると、青森県八戸市でホテルを経営していた「HGH」(旧商号:八戸グランドホテル)は、7月30日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1965年に設立の同社は、客室数83室のほか婚礼・宴会場を備えるシティーホテル「八戸グランドホテル」の経営を手掛け、同市中心街のホテルとして相応の知名度を有していました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みや競争激化による利益率の低下で業績が悪化したため、ホテル事業を他社へ譲渡する一方、自らは現商号へ改称し事後処理を進めていました。

東京商工リサーチによると、負債総額は約22億円の見通しです。

HGH破産手続き開始決定 - 47NEWS

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事