不景気.com > 赤字決算 > エディオンの第1四半期は31億円の赤字拡大、競争激化で

エディオンの第1四半期は31億円の赤字拡大、競争激化で

エディオンの第1四半期は31億円の赤字拡大、競争激化で

東証・名証1部上場でデオデオ・エイデン・ミドリ・イシマルなどを展開する家電量販グループ大手の「エディオン」は、2013年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が34億9700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2013年3月期第1四半期連結業績:エディオン

売上高 営業損益 純損益
13年3月期(1Q) 1550億1700万円 △61億6900万円 △34億9700万円
前年同期 1919億2700万円 17億2100万円 26億2400万円
通期予想 8000億円 140億円 60億円

地デジ移行後の反動によりテレビや録画機の売上が減少したほか、前年の節電需要の反動からエアコンや冷蔵庫などの売上も減少したため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。なお、通期業績については従来の予想を据え置いています。

2013年3月期第1四半期決算短信:エディオン

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事