不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/8、大型倒産が話題の1週間

週刊不景気ニュース7/8、大型倒産が話題の1週間

週刊不景気ニュース7/8、大型倒産が話題の1週間

7月2日から8日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。大型倒産が話題の1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、大阪の高速バス運行「ハーヴェストホールディングス」、秋田の印刷業「能代印刷所」、兵庫の染色加工「ダイイチ」、大阪の消費者金融「クラヴィス」となりました。

また、東京の中堅海運業「三光汽船」が会社更生法の適用を申請したほか、香川の冷凍食品製造「オーブン」、山口の半導体製造装置メーカー「大畠製作所」、滋賀のゴルフ場経営「富士スタジアムゴルフ倶楽部」が民事再生法の適用を申請し、海外ではアメリカ・カリフォルニア州の「ストックトン市」および「マンモスレイクス町」が連邦破産法第9条を申請しました。

一方、人員削減では半導体大手の「ルネサスエレクトロニクス」が5000名規模、中古マンションの再生・販売の「アルデプロ」が5名、カナダの携帯端末製造「リサーチ・イン・モーション」が5000名の削減を明らかにしました。

そのほか、「神戸学院大学」および「駿河台大学」が法科大学院を廃止すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事