不景気.com > 海外リストラ > チェコのトヨタ・プジョー合弁会社が250名の人員削減へ

チェコのトヨタ・プジョー合弁会社が250名の人員削減へ

チェコのトヨタ・プジョー合弁会社が250名の人員削減へ

チェコのコリーンに本拠を置くトヨタ自動車とPSAプジョー・シトロエンの合弁会社「トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモービル」は、希望退職者の募集による250名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのはコリーン工場の従業員で、削減数は全従業員の約1割に相当し、退職者には希望退職優遇措置や再就職支援を実施する方針です。

2002年に設立の同社は、小型車のトヨタ・アイゴやプジョー107・シトロエンC1を生産しているものの、欧州債務危機の影響などで需要が大幅に落ち込んでおり、すでに実施した150名の雇止めや200名の転籍に加え、さらなる合理化策が必要と判断し今回の削減に至ったようです。

Toyota Peugeot Citroën Automobile : Press Releases

 

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事