不景気.com > 国内倒産 > パソコン教室運営の「ケンソフト」が破産開始決定受け倒産

パソコン教室運営の「ケンソフト」が破産開始決定受け倒産

パソコン教室運営の「ケンソフト」が破産開始決定受け倒産

東京都渋谷区に本拠を置くパソコン教室運営の「ケンソフト」は、7月23日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1988年に設立の同社は、KENスクールの名称でパソコン教室の運営を手掛け、千葉県松戸市の教室を皮切りに埼玉・東京・神奈川に進出したほか、2010年には大阪・京都にも事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による受講者数の減少や震災によるキャンセルが相次いだことで業績が悪化すると、リストラ策も実らず資金繰りが逼迫したため、教室の存続を目的としてパソコンスクール事業を新設会社「シンクスバンク」へ譲渡する一方、自らは自己破産の申請に踏み切ったようです。

信用調査会社などによると、負債総額は10億8000万円の見通しです。

パソコン教室「KENスクール」運営会社が自己破産 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事