不景気.com > 買収合併 > Jフロントがパルコを子会社化、出資最大65%まで引き上げ

Jフロントがパルコを子会社化、出資最大65%まで引き上げ

Jフロントがパルコを子会社化、出資最大65%まで引き上げ

大丸や松坂屋を傘下に持つ百貨店経営の「Jフロントリテイリング」は、東証1部上場でファッションビルを展開する「パルコ」を連結子会社化すると発表しました。

Jフロントは株式公開買付(TOB)によりパルコの普通株式1株を1100円で買付け、現在の33.22%から最大で65%まで出資比率を引き上げる方針です。なお、パルコの上場は維持する予定です。

小売業界の競争が一段と厳しさを増すなか、成長には複数の小売チャンネルを持つビジネス展開が必要と判断し、今年2月の資本提携に続き今回の子会社化を決定したようです。

パルコ株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ:Jフロントリテイリング

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事