不景気.com > 企業不況 > クレスト・インベストメンツを監理銘柄に指定、上場廃止濃厚

クレスト・インベストメンツを監理銘柄に指定、上場廃止濃厚

クレスト・インベストメンツを監理銘柄に指定、上場廃止濃厚

大阪証券取引所は、ジャスダック上場で企業経営支援を手掛ける「クレスト・インベストメンツ」を7月18日付で監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、2012年7月期決算において上場廃止基準となる2期連続での債務超過に陥る見通しを明らかにしたための措置で、今後は10月下旬に予定している有価証券報告書の提出をもって整理銘柄に指定され、その1ヶ月後に上場廃止となる見通しです。

同社によると、主力取引行だった日本振興銀行の経営破綻により事業縮小を余儀なくされ債務超過に転落すると、債権者との債務圧縮交渉でも合意に至らず、債務超過を解消するめどが立たなくなったとのことです。

株式の監理銘柄(確認中)の指定:クレスト・インベストメンツ | 大阪証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事