不景気.com > 国内倒産 > 事務受託の「ATG Company」「アイエーカンパニー」が破産へ

事務受託の「ATG Company」「アイエーカンパニー」が破産へ

事務受託の「ATG Company」「アイエーカンパニー」が破産へ

東京都世田谷区に本拠を置く事務業務受託サービスの「ATG Company」と関連会社の「アイエーカンパニー」は、6月29日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1977年に創業の両社は、ビル管理や人材コンサルティングを行う一方、近年は法務局における事務業務の受託サービスを主力に事業を展開していました。

しかし、2011年には情報の目的外利用を理由に法務省から2ヶ月間の一部業務停止処分を受けたほか、今年7月には健康保険料の滞納を理由に再び業務停止処分を受けるなど信用が失墜したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、2社合計の負債総額は約7億7000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事