不景気.com > 国内倒産 > 北海道の建設業「山田建設工業」が民事再生法申請へ

北海道の建設業「山田建設工業」が民事再生法申請へ

北海道の建設業「山田建設工業」が民事再生法申請へ

北海道新聞(電子版)によると、北海道帯広市に本拠を置く建設業の「山田建設工業」は、事後処理を弁護士に一任し、近日中にも釧路地方裁判所帯広支部へ民事再生法の適用を申請する見通しが明らかになりました。

1950年に創業の同社は、十勝地方を営業エリアに一般住宅・商業・医療・福祉施設などの建築工事や、道路・河川などの土木工事を主力に事業を展開していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減などで受注が大幅に減少すると、官製談合に絡む信用の失墜も重なり経営が悪化したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

同紙が伝えたところによると、負債総額は約12億円の見通しです。

山田建設工業 再生法申請へ 負債額12億円-北海道新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事