不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース6/24、倒産とリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース6/24、倒産とリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース6/24、倒産とリストラが多い1週間

6月18日から24日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や人員削減によるリストラの話題が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、石川のスキー場経営「白山レイクハイランド」、同じく石川の食肉加工「能登食品工房」、福井の水産練り製品製造「油宇」、徳島のラーメン店経営「スターフード」、大阪のイベント企画会社「アンフィニジャパン」となりました。

また、山形の元印刷業「山形不動産土地管理」と千葉の元建設業「KY興業」が特別清算の開始決定を受けたほか、千葉の合成樹脂原料販売「大洋マテリアル」、静岡のマンション開発「アーバンシティー」、新潟のコンクリート二次製品製造「中越製陶」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、人員削減では、電気機器メーカーの「日本アビオニクス」が200名、検査・計測装置製造の「日本マイクロニクス」が150名の希望退職者をそれぞれ募集するほか、海外ではオーストラリアの新聞社「フェアファックス・メディア」が1900名、フランスの航空会社「エールフランス」が5122名を削減する方針で、また、すでに募集していた削減策に対しテストメディア製作の「アルメディオ」で24名、製造装置メーカーの「アルバック」で879名がそれぞれ応募したことを明らかにしました。

そのほか、「澤田ホールディングス」が商品先物取引業を廃止し、ジャスダック上場のソフトウェア会社「セラーテムテクノロジー」が上場廃止の決定を受けました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事