不景気.com > 国内倒産 > 静岡のマンション開発「アーバンシティー」が民事再生法を申請

静岡のマンション開発「アーバンシティー」が民事再生法を申請

静岡のマンション開発「アーバンシティー」が民事再生法を申請

静岡県沼津市のマンション開発業「アーバンシティー」は、6月20日付で民事再生法の適用を申請し、東証1部上場の「フージャースコーポレーション」が再生手続に係るスポンサー契約で同社と合意したことが明らかになりました。

1980年に設立の同社は、新築分譲マンションの開発・販売を手掛け、2007年には元・東証1部上場「サンシティ」の子会社となり「サンシティネクスト」の商号で中部・北陸地方を中心に事業を行っていました。

しかし、景気低迷に伴う不動産市況の悪化に加え、2011年9月には親会社のサンシティが民事再生法の適用を申請したことで厳しい環境に追い込まれ、同年12月にはサンシティとの資本関係を解消し現商号により再出発を図ったものの、業績回復には至らず今回の措置に至ったようです。

今後は、フージャースコーポレーションの支援により再建を目指す方針です。

アーバンシティーとのスポンサー契約締結に関するお知らせ:フージャースコーポレーション

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事