不景気.com > 国内倒産 > 自衛隊向け商品販売の「信栄商事」が破産開始決定受け倒産

自衛隊向け商品販売の「信栄商事」が破産開始決定受け倒産

自衛隊向け商品販売の「信栄商事」が破産開始決定受け倒産

官報によると、東京都墨田区に本拠を置く自衛隊向け商品販売の「信栄商事」は、5月30日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

信用調査会社の東京商工リサーチによると、同社は1988年の設立で、自衛隊向けにオフィス家具や各種機器・後方装備品などの販売を主力に事業を展開していました。

しかし、自衛隊の予算削減による受注の減少で業績が悪化したほか、2010年3月に起こった自衛隊とオフィス家具大手6社による官製談合事件の煽りを受け、発注の締め付けによる取引の縮小を余儀なくされたことから、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約2億2000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事