不景気.com > 不景気ニュース > セブンアイが「西武沼津店」「そごう呉店」を13年1月末に閉鎖

セブンアイが「西武沼津店」「そごう呉店」を13年1月末に閉鎖

セブンアイが「西武沼津店」「そごう呉店」を13年1月末に閉鎖

セブン&アイ・ホールディングスは、傘下のそごう・西武が運営する「西武沼津店」(静岡県沼津市)と「そごう呉店」(広島県呉市)を2013年1月末で閉鎖すると発表しました。

西武沼津店は1957年の開業で、売場面積は9732平方メートル。一方、そごう呉店は1990年の開業で、売場面積は21395平方メートル。両店とも、郊外型ショッピングセンターなどとの競争激化で業績が悪化しているため、営業の継続は困難と判断し今回の閉店に至ったようです。

セブン&アイは、これまでにも西武札幌店・西武有楽町店・そごう八王子店・そごう心斎橋本店などを閉鎖しており、今後は都市圏にある大型店に経営資源を集中し業績回復を目指す方針です。

店舗閉鎖に関するお知らせ:セブン&アイ・ホールディングス

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事