不景気.com > 国内リストラ > オリンパスが2014年3月末までに2700名の人員削減へ

オリンパスが2014年3月末までに2700名の人員削減へ

オリンパスが2014年3月末までに2700名の人員削減へ

東証1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」は、2014年3月期末までに全世界で2700名規模の人員削減を実施すると発表しました。

各事業の機能や本社部門における間接要員の効率化に加え、子会社や製造拠点の再編を進める方針で、削減数は全世界の従業員の約7%に相当する見通しです。

また、拠点再編については、フィリピン工場の閉鎖や長野地区の4拠点を1拠点へ統廃合することなどにより、現在30拠点を数える製造施設を2015年3月期末までに約40%削減する予定です。

これらのコスト削減策に加え、ガバナンスの強化や成長分野への注力により、過去の損失隠しによる不祥事からの信頼回復を目指す方針です。

オリンパス 投資家情報: 中期経営計画

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事