不景気.com > 企業不況 > ひまわりホールディングスに債務超過の猶予期間入り銘柄指定

ひまわりホールディングスに債務超過の猶予期間入り銘柄指定

ひまわりホールディングスに債務超過の猶予期間入り銘柄指定

大阪証券取引所は、ジャスダック上場の外国為替証拠金取引業「ひまわりホールディングス」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2012年3月期決算において42億500万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2013年3月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

証券事業からの撤退や希望退職者募集などリストラ策の実施により業績回復を目指しているものの、債務超過額が過大なことから先行きが懸念されます。

債務超過の猶予期間入り銘柄の指定:ひまわりホールディングス | 大証

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事