不景気.com > 企業不況 > フライトシステムコンサルティングが債務超過の猶予期間入り

フライトシステムコンサルティングが債務超過の猶予期間入り

フライトシステムコンサルティングが債務超過の猶予期間入り

東京証券取引所は、マザーズ上場のシステム開発業「フライトシステムコンサルティング」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2012年3月期決算において2億1600万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2013年3月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

同社によると、今後はスマートフォンを利用した法人向けソリューションや自治体向けコンサルティングを積極化させるほか、デジタル郵便事業の早期事業化、さらには割当済み新株予約権の行使促進による資本増強を検討していくとのことです。

東証 : 上場廃止に係る猶予期間入り -(株)フライトシステムコンサルティング-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事