不景気.com > 雇用問題 > 夏のボーナスは前年比3.54%減の77万円、3年ぶりに減少へ

夏のボーナスは前年比3.54%減の77万円、3年ぶりに減少へ

夏のボーナスは前年比3.54%減の77万円、3年ぶりに減少へ

経団連が発表した「2012年夏季賞与・一時金の大手企業業種別妥結状況」(第1回集計)によると、大手企業80社の夏のボーナス平均額は77万2780円となり、3年ぶりに減少したことが明らかになりました。

前年比では3.54%の大幅な減少で、東日本大震災やタイの洪水・円高の進行による先行きの不透明感が大きく影響したと言えそうです。

業種別で見ると、鉄鋼が13.35%の減少を記録したほか、繊維や自動車なども大きく落ち込み、また、非製造業(2.03%減)よりも製造業(4.10%減)の方がより大きい減少幅となりました。

2012年夏季賞与・一時金の大手企業業種別妥結状況:経団連

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事