不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース5/27、海外の倒産やリストラが相次ぐ

週刊不景気ニュース5/27、海外の倒産やリストラが相次ぐ

週刊不景気ニュース5/27、海外の倒産やリストラが相次ぐ

5月21日から27日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。海外の倒産やリストラが話題の1週間となりました。

東京のコンクリート構造物設計・施工「新構造技術」が自己破産を申請したほか、神戸市の外郭団体「神戸市住宅供給公社」と同じく神戸の冷凍食品製造「エスケー食品」が民事再生法の適用を申請、海外ではイギリスの老舗レーシングカー・メーカー「ローラ・カーズ」とアメリカの教科書出版会社「ホートン・ミフリン」がそれぞれ法的整理を申請しました。

そのほか、人員削減を発表したのは、オーストラリアの航空会社「カンタス航空」で500名、アメリカのコンピューター大手「ヒューレット・パッカード」で2万7000名となりました。

また、プリンスホテルが「飯能プリンスホテル」の営業を終了し、「JFEスチール」がソーラーシリコン事業から撤退、武蔵野興業が子会社「湯村観光」を、東宝が子会社「東宝フーズ」をそれぞれ解散すると発表しました。

上場企業関連では、音楽・映像ソフト販売の「新星堂」が債務超過に係る猶予期間入り銘柄に指定されました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事