不景気.com > 国内倒産 > 福島のGS・焼肉店経営「スタンドサービス」が民事再生法申請

福島のGS・焼肉店経営「スタンドサービス」が民事再生法申請

福島のGS・焼肉店経営「スタンドサービス」が民事再生法申請

福島県郡山市に本拠を置くガソリンスタンド・焼肉店経営の「スタンドサービス」は、5月28日付で福島地方裁判所郡山支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1982年に創業の同社は、福島県内にてガソリンスタンド「まうちゅう」を多店舗展開するほか、「ヴイ・ブリアン」の店名で焼肉店の経営にも進出し、2011年7月には食中毒問題で経営破綻した「焼肉酒家えびす」から20店舗を買収するなど事業を拡大していました。

しかし、ガソリンスタンド事業における競争激化に加え、焼肉店の買収に伴う多額の借入金や風評被害で業績が悪化したことから、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約72億円の見通しです。

スタンドサービス民事再生 食中毒のえびす店舗買収 - 47NEWS

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事