不景気.com > 国内倒産 > 兵庫の冷凍食品製造「エスケー食品」が民事再生法を申請

兵庫の冷凍食品製造「エスケー食品」が民事再生法を申請

兵庫の冷凍食品製造「エスケー食品」が民事再生法を申請

兵庫県神戸市に本拠を置く冷凍食品製造の「エスケー食品」は、5月25日付で神戸地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1973年に設立の同社は、海老フライや天ぷら・いか製品など調理冷凍食品の製造・販売を手掛け、1988年には神戸三宮にとんかつ専門店「かつ膳」をオープンしたほか、1990年にはインドネシアに現地合弁会社(1994年に完全子会社化)を設立するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による販売単価の下落に加え、多額の借入金や為替予約による差損が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約51億円の見通しです。

「エスケー食品」が民事再生法の適用を申請 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事