不景気.com > 赤字決算 > パナソニックの12年3月期は純損益7721億円の赤字転落

パナソニックの12年3月期は純損益7721億円の赤字転落

パナソニックの12年3月期は純損益7721億円の赤字転落

東証・大証・名証1部上場の電機大手「パナソニック」は、2012年3月期決算短信を発表し、当期純損益が7721億7200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期通期連結業績:パナソニック

売上高 営業損益 純損益
12年3月期 7兆8462億円 437億2500万円 △7721億7200万円
前期実績 8兆6926億円 3052億5400万円 740億1700万円
次期予想 8兆1000億円 2600億円 500億円

テレビなどデジタル商品の落ち込みや東日本大震災・タイの洪水の影響により、売上高は前期比で9.7%の減収となったほか、価格下落や円高の進行、更には人員削減などによる事業構造改革費用として7671億円を計上したことから、純損益は大幅な赤字転落となりました。

2011年度 連結及び単独決算概要 | Panasonic

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事