不景気.com > 買収合併 > マツダとフィアットが業務提携、次期ロードスターを共用へ

マツダとフィアットが業務提携、次期ロードスターを共用へ

マツダとフィアットが業務提携、次期ロードスターを共用へ

東証1部上場の自動車メーカー「マツダ」は、イタリアの自動車大手「フィアット」と2人乗りスポーツカーの開発・生産で業務提携すると発表しました。

マツダのオープン・スポーツカー「ロードスター」について、次期モデルのプラットフォームをマツダブランドとフィアット傘下のアルファロメオブランドにて共用する予定で、両社の車種には独自の外観デザインおよびエンジンが採用される見通しです。

また、両社の車種をマツダの本社工場で生産することも想定しており、アルファロメオ向け車種については2015年の生産開始を検討していくとのことです。なお、正式契約は2012年後半を予定しており、この件以外にも欧州での協業の可能性について協議を進める方針です。

マツダ、フィアットの協業プログラムを発表

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事