不景気.com > 海外リストラ > 米コンピューター大手「HP」が早期退職による2.7万人の削減へ

米コンピューター大手「HP」が早期退職による2.7万人の削減へ

米コンピューター大手「HP」が早期退職による2.7万人の削減へ

アメリカのコンピューター大手「ヒューレット・パッカード」(HP)は、早期退職者の募集による2万7000人の人員削減を明らかにしました。

削減は2014年10月までに完了する予定で、削減数は全従業員の約8%に相当するほか不採算事業の整理も併せて進め、年間で最大35億ドル(約2780億円)のコスト削減を目指すとのことです。

世界的な競争激化や四半期決算の減益を受け、人件費の削減による経営環境の改善が急務と判断し今回の決定に至ったようです。

HP Launches Multi-year Restructuring to Fuel Innovation and Enable Investment

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事