不景気.com > 赤字決算 > 日立電線の12年3月期は純損益227億円の赤字

日立電線の12年3月期は純損益227億円の赤字

日立電線の12年3月期は純損益227億円の赤字

日立グループの電線・ケーブル製造子会社で東証・大証1部上場の「日立電線」は、2012年3月期決算短信を発表し、当期純損益が227億5800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期通期連結業績:日立電線

売上高 営業損益 純損益
12年3月期 4325億4000万円 19億6600万円 △227億5800万円
前期実績 4192億7900万円 7億8800万円 △129億9300万円
次期予想 3800億円 120億円 60億円

半導体やエレクトロニクス関連製品の需要減や円高による利益圧迫に加え、人員削減に伴う事業構造改善費用や一部の事業撤退に伴う減損損失などの特別損失を計上したことから、純損益は大幅な赤字となりました。

2012年3月期決算短信:Hitachi Cable

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事