不景気.com > 買収合併 > ビックカメラが家電量販大手「コジマ」を買収、株過半数取得へ

ビックカメラが家電量販大手「コジマ」を買収、株過半数取得へ

ビックカメラが家電量販大手「コジマ」を買収、株過半数取得へ

東証1部上場の家電量販大手「ビックカメラ」は、同じく東証1部上場の同業大手「コジマ」を買収すると発表しました。

ビックカメラは、コジマの第三者割当増資により発行済株式の50.6%を取得し子会社化する予定で、買収総額は約141億円の見通しです。

景気低迷に伴う個人消費の落ち込みや地デジ化完了に伴うテレビの販売減、さらには同業者間の競争激化などから厳しい環境が続いているため、スケールメリットを活かした商品調達力の強化や物流・システム連携によるコスト削減を目的として今回の決定に至ったようです。

ビックカメラは、2010年1月に「ソフマップ」を完全子会社化したほか、「ベスト電器」に対しても約15%を出資しており、コジマの子会社化により業界での存在感が高まりそうです。なお、当面は両社とも店舗ブランドを維持する方針です。

コジマとの資本業務提携に関するお知らせ:ビックカメラ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事