不景気.com > 国内リストラ > ヤマタネが証券事業から撤退、子会社「金山証券」を譲渡

ヤマタネが証券事業から撤退、子会社「金山証券」を譲渡

ヤマタネが証券事業から撤退、子会社「金山証券」を譲渡

東証1部上場で米の輸入・卸事業や倉庫事業を手掛ける「ヤマタネ」は、グループにおける証券事業からの撤退および連結子会社「金山証券」の譲渡を明らかにしました。

景気低迷による投資意欲の減退や証券業界における競争激化を背景に、近年は同事業の赤字が続くなど厳しい環境に陥っているほか、将来的な業績の回復も見込めないと判断し今回の決定に至ったようです。

今後は7月1日付で同子会社の事業を「岡安証券」(大阪市)へ譲渡する予定で、連結業績への影響については決算発表時に併せて明らかにするとのことです。

証券事業からの撤退と連結子会社の事業譲渡に関するお知らせ:ヤマタネ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事