不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/1、年度末の閉店・撤退などが話題に

週刊不景気ニュース4/1、年度末の閉店・撤退などが話題に

週刊不景気ニュース4/1、年度末の閉店・撤退などが話題に

3月26日から4月1日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。年度末を挟み店舗閉店や事業の撤退が話題になりました。

倒産関連では、東京の映写機製造「日本電子光学工業」、山口の眼鏡販売「クラモト」、岡山の協同組合「津山総合食品卸売市場」、岐阜のパチンコ店経営「豊和商事」が破産(準備含む)申請し、東京の元・焼肉店経営「サンロクカン」と宮城の子供服販売「ベリーズ」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、店舗閉鎖や事業撤退などでは、3月25日にファッションビルの「新宿マルイ カレン」が閉店、3月31日に青森の「十和田観光電鉄線」と長野の「長野電鉄屋代線」が営業を終了したほか、大丸松坂屋百貨店が「大丸ららぽーと横浜店」を来年1月に閉店、「三井金属アクト」が来年3月までに山梨と福島の工場を閉鎖、「東京海上日動フィナンシャル生命」が7月1日から全保険商品の新規販売を一時休止、「王子製紙」が江別・東海・釧路・春日井の一部生産設備を停止、「住友ベークライト」がフレキシブル・プリント回路から撤退、「セガ」が欧米の家庭用ゲームソフト事業を構造改革するとそれぞれ発表しました。

また、上場企業関連では、元・音響機器製造の「山水電気」が報告書の提出遅延により監理銘柄(確認中)に指定され、どさん子ラーメン展開の「ホッコク」および投資会社の「プリヴェ企業再生グループ」が合併等による実質的存続性の喪失により監理銘柄(確認中)に指定されました。

そのほか、情報処理サービスの「システムズ・デザイン」がデータソリューション業務子会社4社を解散し、シャープと新日鉄マテリアルズが「NSソーラーマテリアルズ」を解散、半導体保護資材製造の「アテクト」がポリマー微粒子製造子会社を解散すると発表しました。

最後に、赤字業績予想を公開したのは、ドラッグストア展開の「レデイ薬局」、鉄道会社の「神戸電鉄」、分譲マンション開発販売の「エムジーホーム」、電気設備工事の「ユアテック」、音楽機器メーカーの「ローランド」、「北海道電力」「北陸電力」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事