不景気.com > 国内倒産 > 三重のゴルフ場運営「興起産業」に破産開始決定、負債260億円

三重のゴルフ場運営「興起産業」に破産開始決定、負債260億円

三重のゴルフ場運営「興起産業」に破産開始決定、負債260億円

三重県津市に本拠を置く元ゴルフ場運営の「興起産業」は、3月30日付で名古屋地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1984年に設立の同社は、1995年にゴルフ場「ザ・サードプレースカントリークラブ雲出川コース」をオープン。同ゴルフ場は山間部に位置する全18ホールの丘陵コースで、ペリー・ダイ氏の設計したコースとしても知られていました。

しかし、交通アクセスの悪さやゴルフブームの一巡などから客足が落ち込むと、建設費用などの借入金が資金繰りを逼迫したほか、預託金返還のめども立たないことから今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると負債総額は約260億円で、ゴルフ場は別会社により運営されているとのことです。

興起産業、自己破産を申請 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事