不景気.com > 国内倒産 > 群馬のSC経営「スーパーセンターフィール」が民事再生法申請

群馬のSC経営「スーパーセンターフィール」が民事再生法申請

群馬のSC経営「スーパーセンターフィール」が民事再生法申請

信用調査会社の帝国データバンクによると、群馬県藤岡市に本拠を置くショッピングセンター経営の「スーパーセンターフィール」は、4月16日付で前橋地方裁判所高崎支部へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1977年に設立の同社は、1995年にショッピングセンター「スーパーセンターフィール」を開店し、ホームセンター「セキチュー」と食品スーパー「とりせん」を核テナントに、衣料品店や雑貨店のほかガソリンスタンドを有するなど地元の人々に広く利用されていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや競争激化を要因とするテナント収入の減少で業績が悪化すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

同信用調査会社によると、負債総額は約33億円の見通しです。

大型ショッピングセンター 簿外債務表面化で破たん(帝国データバンク)-Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事