不景気.com > 赤字決算 > リコーの12年3月期は純損益445億円の赤字転落

リコーの12年3月期は純損益445億円の赤字転落

リコーの12年3月期は純損益445億円の赤字転落

東証1部などに上場する事務機器・光学機器大手の「リコー」は、2012年3月期決算短信を発表し、当期純損益が445億6000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年3月期通期連結業績:リコー

売上高 営業損益 純損益
12年3月期 1兆9034億円 △180億6800万円 △445億6000万円
前期実績 1兆9413億円 580億7100万円 186億3000万円
次期予想 1兆9200万円 700億円 330億円

円高の進行や震災・タイの洪水など外的要因による影響が続いた中、売上高は前期比で2.0%の減少に留まったものの、大規模な人員削減などによる構造改革費用として341億円、プロダクションプリンティング事業ののれん減損費用などとして370億円、また投資有価証券評価損や税制改正に伴う法人税の増加などにより、営業損益・純損益ともに大幅な赤字転落となりました。

2012年3月期決算短信:リコー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事