不景気.com > 国内倒産 > 石川の茶販売「いづみ屋兄弟商店」が自己破産申請し倒産へ

石川の茶販売「いづみ屋兄弟商店」が自己破産申請し倒産へ

石川の茶販売「いづみ屋兄弟商店」が自己破産申請し倒産へ

北國新聞(電子版)などによると、石川県金沢市に本拠を置く茶販売の「いづみ屋兄弟商店」は、4月4日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1938年に創業の同社は、加賀棒茶をはじめとする茶の製造・販売を主力に事業を展開し、「お茶のいずみ屋」の屋号で金沢市内の百貨店やスーパーにテナント店を展開するほか、ネット通販にも進出していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、茶の需要減少も重なり業績が悪化したため、事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億5000万円の見通しです。

北國・富山新聞 - 「お茶のいづみ屋」破産へ 風評被害で売り上げ減 

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事