不景気.com > 国内リストラ > 日本電産コパルがコンデジ用レンズユニット事業から撤退

日本電産コパルがコンデジ用レンズユニット事業から撤退

日本電産コパルがコンデジ用レンズユニット事業から撤退

東証1部上場で日本電産グループのカメラシャッターメーカー「日本電産コパル」は、3月31日をもってコンパクト・デジタルカメラ用レンズユニット事業を廃止すると発表しました。

コンパクト・デジタルカメラの価格下落に伴い同事業の採算性が悪化しているための措置で、今後は成長が見込めるデジタル一眼カメラやスマートフォン向け光学製品などに注力する方針です。

なお、この施策に伴う資産廃棄損失などとして約24億円の特別損失を計上する予定で、従業員や生産設備などについてはデジタル・オプティカルユニット事業に転換するとのことです。

コンパクト・デジタルカメラ用レンズユニット事業の廃止に関するお知らせ:日本電産コパル

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事