不景気.com > 買収合併 > 米「ケメット」がNECトーキンを子会社化、NECは経営権手放す

米「ケメット」がNECトーキンを子会社化、NECは経営権手放す

米「ケメット」がNECトーキンを子会社化、NECは経営権手放す

NECの子会社で電子部品製造の「NECトーキン」は、アメリカの電子部品メーカー「ケメット」と資本・業務提携を締結したと発表しました。

財務基盤の強化を目的として、ケメットから5000万ドル(約40億円)の出資を受け入れる方針で、これに伴い議決権ベースではケメットが51%を保有し経営権を握る予定です。

円高や競争激化でNECの経営環境は厳しさを増しており、タイの洪水による生産設備の被災などで業績が悪化しているNECトーキンを子会社として支え続けることは困難との判断に至ったようです。

なお、ケメットはNECトーキンに対し代表取締役会長を送り込むほか、将来的に更なる増資の引き受けやNECからの株式買収なども視野に入れているとのことです。

米国KEMET社との資本・業務提携について:NECトーキン

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事