不景気.com > 赤字決算 > トプコンの12年3月期は50億円の最終赤字へ、一部事業縮小で

トプコンの12年3月期は50億円の最終赤字へ、一部事業縮小で

トプコンの12年3月期は50億円の最終赤字へ、一部事業縮小で

東証1部上場で測量機器や眼科医療機器などを手掛ける「トプコン」は、2012年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が50億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期通期連結業績予想:トプコン

売上高 営業損益 純損益
前回予想 1000億円 30億円 8億円
今回予想 970億円 18億円 △50億円
前期実績 1024億7000万円 17億9900万円 △12億8800万円

半導体やフラットパネルディスプレイ関連装置などファインテック事業の業績が悪化したことに加え、ファインテック事業の縮小や希望退職者の募集による特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:トプコン

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事