不景気.com > 国内倒産 > 新潟の鶏肉生産・販売「ニイブロ」が民事再生法申請、連鎖破綻

新潟の鶏肉生産・販売「ニイブロ」が民事再生法申請、連鎖破綻

新潟の鶏肉生産・販売「ニイブロ」が民事再生法申請、連鎖破綻

新潟県新発田市に本拠を置く鶏肉生産・販売の「ニイブロ」は、1月30日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1986年に設立の同社は、群馬の鶏肉生産・販売業「ミヤマブロイラー」の子会社で、新潟県内などに農場を所有し食鶏の飼育・加工処理・販売を主力に事業を展開していました。

しかし、親会社のミヤマブロイラーが鶏肉価格の下落や飼料の高騰による業績悪化で民事再生法を申請することとなり、同社も連鎖するかたちで今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、負債総額は約37億円の見通しで、今後は別会社が事業を継承する予定です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事