不景気.com > 国内リストラ > 三菱自動車が2012年末をもって欧州での車両生産から撤退

三菱自動車が2012年末をもって欧州での車両生産から撤退

三菱自動車が2012年末をもって欧州での車両生産から撤退

東証1部上場の自動車メーカー「三菱自動車」は、2012年末をもって欧州での車両生産を終了し、2013年以降の新たな生産車両を投入しないと発表しました。

対象となるのは同社の欧州生産拠点となる「ネザーランド・カー・ビー・ブィ」(オランダ)で、現在は欧州市場向けに小型車の「コルト」とSUVの「アウトランダー」を生産しているものの、欧州における債務危機などの影響で厳しい環境が続いていることから、生産継続は困難と判断し今回の撤退に至ったようです。

今後は日本およびタイから製品供給を行う予定で、ネザーランド・カーの存続については協議の上で決定するとのことです。

欧州生産拠点での生産事業について:三菱自動車

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事