不景気.com > 国内倒産 > エルピーダメモリが会社更生法を申請、負債4480億円

エルピーダメモリが会社更生法を申請、負債4480億円

エルピーダメモリが会社更生法を申請、負債4480億円

東証1部上場で半導体メモリーのDRAM専業メーカー「エルピーダメモリ」は、2月27日付で東京地方裁判所へ会社更生法の適用を申請したと発表しました。

1999年に「NEC」と「日立製作所」のDRAM部門が統合し設立された同社は、2003年に「三菱電機」からDRAM事業を譲受し事業を拡大すると、その翌年には東証1部へ上場を果たすなど、世界第3位のDRAMメーカーとして事業を展開していました。

しかし、景気低迷による受注の減少や海外メーカーとの競争激化で業績が悪化すると、2009年には産業活力再生法の認定を受け経営再建を目指したものの、さらなる半導体市況の悪化や円高による利益の低下に加え、東日本大震災やタイの洪水によるDRAM需要の落ち込みなどから、遂に資金繰りが行き詰まり今回の措置に至ったようです。

2011年3月期末時点の負債総額は約4480億円で、同社株式は2月27日から3月27日まで整理銘柄に指定された後、3月28日付で上場廃止となります。

会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ:エルピーダメモリ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事