不景気.com > 国内倒産 > 静岡「熱海温泉病院」経営の翔健会が自己破産申請し倒産

静岡「熱海温泉病院」経営の翔健会が自己破産申請し倒産

静岡「熱海温泉病院」経営の翔健会が自己破産申請し倒産

静岡県熱海市に本拠を置く医療法人社団の「翔健会」は、2月10日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

同医療法人は、病室数46室・病床数170床で内科・皮膚科・整形外科を診療科目とする「熱海温泉病院」の経営を手掛け、同病院は温泉を利用したリハビリ・診療を行うなどの特徴を有していました。

しかし、看護師の水増しなどにより少なくとも2006年9月から2011年8月までに約20億円の診療報酬を不正受給していたほか、介護報酬の不正受給も明らかになるなど信用が失墜すると、不正受給額の返還が困難となったため事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

朝日新聞(電子版)によると負債総額は約25億円の見通しで、病院職員に対しては解雇を予告し、入院患者については別の病院への転院を始めているとのことです。

asahi.com:「翔健会」破産を申請/熱海温泉病院経営-マイタウン静岡

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事