不景気.com > 赤字決算 > 東急レクリエーションの11年12月期は36.55億円の赤字見通し

東急レクリエーションの11年12月期は36.55億円の赤字見通し

東急レクリエーションの11年12月期は36.55億円の赤字見通し

東証2部上場で映画館・レジャー施設の運営や不動産業を手掛ける「東急レクリエーション」は、2011年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が36億5500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年12月期通期連結業績予想:東急レクリエーション

売上高 営業損益 純損益
前回予想 288億6600万円 1億5600万円 △27億5900万円
今回予想 270億1100万円 △4億6400万円 △36億5500万円
前期実績 306億5500万円 4億6600万円 3億100万円

景気低迷による個人消費の落ち込みで、主力の映画館事業をはじめとして業績が悪化しているほか、株価低迷により投資有価証券評価損や減損損失などの特別損失を計上することから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:東急レクリエーション

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事