不景気.com > 海外リストラ > 武田薬品が欧米で2800名の人員削減へ、16年3月までに

武田薬品が欧米で2800名の人員削減へ、16年3月までに

武田薬品が欧米で2800名の人員削減へ、16年3月までに

東証1部上場の製薬メーカー「武田薬品工業」は、欧米の連結子会社において、2016年3月までに2800名の人員削減を実施すると発表しました。

削減の内訳は、欧州の連結子会社における研究開発・販売・一般管理部門の従業員で2100名、アメリカの子会社「武田ファーマシューティカルズ・ノースアメリカ」の販売部門を中心に700名となる見通しです。

このほか、欧州を中心に重複する機能・拠点の統廃合を実施する方針で、これら施策に伴い、2015年度までの累計で約700億円のリストラ費用を見込む一方、同じく累計で約2000億円のコスト削減効果を期待するとのことです。

競争が激化する製薬業界において、2011年9月にはスイスの製薬大手「ナイコメッド」を買収するなど積極的な海外展開を見せる一方、規模拡大に伴い重複する事業の整理が必要となったため今回の施策に至ったようです。

海外連結子会社の事業運営体制強化に向けた合理化策について | 武田薬品工業

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事