不景気.com > 国内倒産 > ライセンス管理の「サン・アールアンドピイ」が破産決定受け倒産

ライセンス管理の「サン・アールアンドピイ」が破産決定受け倒産

ライセンス管理の「サン・アールアンドピイ」が破産決定受け倒産

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都新宿区に本拠を置くライセンス管理の「サン・アールアンドピイ」は、1月25日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1991年に神戸で「サンプロデュース」として創業の同社は、肖像権や著作権など知的財産権の管理・販売を手掛け、海外の大手映画会社などから日本国内でのライセンス業務を引き受けるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷によるライセンス販売の不振で業績が悪化すると、借入金が資金繰りを逼迫したことから、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

同信用調査会社によると、負債総額は約2億7000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事