不景気.com > 国内倒産 > 大阪の小型機航空会社「昭和航空」が自己破産申請し倒産

大阪の小型機航空会社「昭和航空」が自己破産申請し倒産

大阪の小型機航空会社「昭和航空」が自己破産申請し倒産

大阪府八尾市に本拠を置く小型機航空会社の「昭和航空」は、1月25日付で大阪地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1968年に設立の同社は、遊覧飛行やチャーター便の運航に加え、航空写真や航空測量・各種広報活動向けの飛行などを主力に事業を展開していました。

しかし、2007年に岐阜・長野県境で発生した小型機の墜落事故により信用が失墜したほか、景気低迷による利用客の減少や燃料費の高騰で資金繰りが逼迫したため、事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約2億円の見通しです。

遊覧飛行手がける昭和航空、自己破産 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事