不景気.com > 赤字決算 > リコーの12年3月期は純損益460億円の一転赤字へ

リコーの12年3月期は純損益460億円の一転赤字へ

リコーの12年3月期は純損益460億円の一転赤字へ

東証1部などに上場する事務機器・光学機器大手の「リコー」は、2012年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が460億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期通期連結業績予想:リコー

売上高 営業損益 純損益
前回予想 1兆9500億円 370億円 100億円
今回予想 1兆9000億円 △180億円 △460億円
前期実績 1兆9420億円 601億9600万円 196億5000万円

世界的な市況の悪化やタイの洪水の影響などから売上高は前回予想を下回る見込みで、また、プロダクションプリンティング事業ののれん減損費用や投資有価証券評価損、税制改正に伴う法人税の増加により、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正および減損損失などの計上に関するお知らせ | リコー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事