不景気.com > 買収合併 > オンキヨーとティアックが資本業務提携、市場環境の悪化で

オンキヨーとティアックが資本業務提携、市場環境の悪化で

オンキヨーとティアックが資本業務提携、市場環境の悪化で

ともに音響機器やパソコン・周辺機器などの製造を手掛けるジャスダック上場の「オンキヨー」と東証1部上場の「ティアック」は、株式の持ち合いなどによる資本業務提携を締結すると発表しました。

オンキヨーがティアックの大株主から相対取引により発行済株式の10%を取得する一方、ティアックがオンキヨーの第三者割当増資を引き受け発行済株式の9.42%を取得する予定です。

両社の主力事業となる音響機器市場の縮小が続くなか、新規カテゴリーへの参入や製造・販売・物流の共有化によるコスト削減などを目的として今回の提携に至ったようです。

オンキヨーは今期業績において純損失を見込む一方、ティアックは2011年に100名規模の人員削減を実施するなど、業績回復への施策が急務となっていました。

ティアックとの資本業務提携に関するお知らせ:オンキヨー

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事