不景気.com > 国内倒産 > 業務用無線サービスの「ネクスネット」に特別清算の開始決定

業務用無線サービスの「ネクスネット」に特別清算の開始決定

業務用無線サービスの「ネクスネット」に特別清算の開始決定

官報によると、東京都品川区に本拠を置く業務用無線サービス展開の「ネクスネット」は、2011年12月26日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1997年に設立の同社は、1998年にモトローラ社の通信技術をベースとした関東・関西・東海を結ぶ超広域無線通信サービス「NEXNET」を開始し、運輸・建設・土木業などに向けた業務用無線サービスとして事業を展開していました。

しかし、設備投資による多額の費用が経営を圧迫したことから、モトローラ日本法人の傘下に入り再建を目指したものの、総務省の定める周波数使用期限により2014年3月31日をもって同サービスを停止することとなったため、同事業をモトローラ・ソリューションズへ移管する一方、自らは清算処理に当たっていました。

信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は約124億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事