不景気.com > 国内倒産 > ジャパン・スポーツ・マーケティングが特別清算決定受ける

ジャパン・スポーツ・マーケティングが特別清算決定受ける

ジャパン・スポーツ・マーケティングが特別清算決定受ける

官報によると、東京都渋谷区に本拠を置くスポーツジム経営の「ジャパン・スポーツ・マーケティング」は、2011年12月27日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1989年に設立の同社は、ジャスダック上場の遊技機販売「フィールズ」のスポーツ部門子会社として、著名アスリートのマネジメントやスポーツジムの経営、各種スポーツイベントの企画・立案やライセンス管理などを手掛けていました。

しかし、景気低迷による市場環境の悪化や競争激化により、2011年3月期末時点で21億2700万円の債務超過に陥るなど厳しい環境が続いたことから、成長が見込めるフィットネスクラブ事業のみを会社分割でフィールズへ継承させる一方、同社は清算を目的として事後処理を進めていました。

帝国データバンクによると、2011年3月末時点の負債総額は約28億円とのことです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事