不景気.com > 不景気ニュース > 11年の訪日外国人数は27.8%減の621.9万人、減少幅過去最大

11年の訪日外国人数は27.8%減の621.9万人、減少幅過去最大

11年の訪日外国人数は27.8%減の621.9万人、減少幅過去最大

日本政府観光局によると、2011年の訪日外国人数は前年比27.8%減の621万9300人となり、減少幅はこれまで最大だった1971年を超え、過去最大を記録したことが明らかになりました。

東日本大震災やそれに伴う福島第一原発事故の影響により、訪日旅行が手控えられたことに加え、歴史的な円高に伴い、旅行地の選択において不利な状況が続いていることが要因と考えられます。

一方、今年においては引き続き円高の影響が予想されるものの、震災の影響から徐々に回復を見せているほか、格安航空会社の台頭による旅客数の増加が見込まれることから、訪日外国人数は回復基調で推移すると予想されます。

日本政府観光局(JNTO) | 訪日外客数/出国日本人数

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事